• TOP
  • テラスハウス出演の建築家が語る、建築と恋愛が目指す場所(前編)

C建築家・半田悠人氏 X 恋愛結婚学研究所長・新上幸二

テラスハウス出演の建築家が語る、建築と恋愛が目指す場所


さまざまな分野の識者をお招きし、自由に語っていただく対談企画。
もちろん、恋愛についての考え方やご意見もお伺いします。
今回登場いただいたのは、建築家・半田悠人さん。人気リアリティ番組「テラスハウス」に出演し、非の打ち所が全くない素敵な振る舞いと数々の名言から「Mr.パーフェクト」の異名で多くの視聴者を魅了しました。
Mr.パーフェクトは今回の対談で、どういった名言を生み出してくれるのでしょうか。

幼い頃大工に憧れた建築家は、新しい建築の形を目指す



新上幸二氏(以下、新上):今回の対談にあたり、ご出演されている「テラスハウス」のエピソードを改めてじっくり拝見しました(笑)
お話の前に建築家・半田悠人についてもう少し詳しく教えてください。
一度大学を卒業し、そのあともう一度、建築家を目指して大学に入り直したとお聞きしています。
幼い頃に建築に憧れるきっかけとなる原体験があったのでしょうか?

半田悠人氏(以下、半田):僕は家の目の前にできた幼稚園の1期生で、その建物はまだ完成してなかったんですよ。大工さんがかっこよく見えたんですね。戦隊もののヒーローみたいな。腰の巾着がすごくかっこよく、ノコギリは武器に見えたし、大工さんってなんてかっこいいんだろう!と思ったのがきっかけです。
あと、レゴがすごく好きで。中学3年生までずっと一人でレゴで遊んでいました(笑)。

新上:テラスハウスでも、模型を作っていたシーンがとても印象的でした。本当にものづくりが好きなのですね。
小さい頃からの憧れだった建築家になられ、現在はどのようなプロジェクトに携わっているのでしょうか?

半田:制作会社を立ち上げて、建築デザイナーとして活動しています。僕はまだ半人前と自覚しているので、建築家として名乗るにはまだ早いのですが、周りの先生には建築家と名乗り続けろと言われています。
内装デザインがまだ多いですが、最近ようやく、新築のビルや住宅の案件に携わるようになりましたね。
でも、このままいわゆる「建築家」の道に進むのは面白くないなと思っています。
僕は建築をベースに新しい試みを目指したい。
自分のなかでは、建築家自身が施主になるべきと考えています。
「いま求められている場所」を自分でリサーチして、自己資金で施工・建築して、運営する。そのように利益を得る「建築実業家」が自分のあるべき姿ですね。

新上:その「建築実業家」として進行しているプロジェクトがあるとお聞きしました。

半田:はい、これから手がけるプロジェクトは、40年前に廃業してしまった映画館をお借りして、再び映画館として復活させるというプロジェクトです。
あえて詳細な計画を立てずに、プロジェクトの参加者が各々持っているプランを自由に試そうと思っています。「元映画館で、一般では借りることのできない広いが場所あるよ、何をしたい?」と問いかける。何かをしたい人が案を持ってきて、進めてもらう。スペースを自由に提供する形になりますね。

新上:個人的にも興味がありますね!恋愛関係のイベントもその場所でできたら面白い。ぜひ私にも提案させてください。

「テラスハウス」出身者のイメージを変えたい



新上:今でも「テラスハウスの半田さん」と呼ばれることは多いですか?
正直そう言われるのは好きではない、と想像するのですが、どうでしょう?

半田:いまでも圧倒的に多いです。正直、最初は戸惑うこともありました。でも今は、もう何も思わないですね。テラスハウスに出ていたのは事実ですから、いわば僕の名字だと思って、一生背負っていくつもりでいますよ。

新上:僕も恋愛結婚学研究所の所長を、一生背負っていくつもりです。
おかげで講演依頼や取材なども来るようになりましたし、自らが何であるかを名乗るのはとても重要ですね。

半田:「テラスハウス出身の〜」という肩書は、世間的にも出演者自身にも、いまだポジティブには捉えられていないと思います。まだ誰もがポジティブに捉えていないのが、逆にチャンスだと。
テラスハウスの出身で、大成功した人はいないと言われています。もちろんテレビなどメディアに登場している人はいます。でも「成功」が「テレビに出て知名度が上がること」にすり替えられている気がしていて。
だから、テラスハウスのイメージが変わるように、僕があがいて、頑張って成功できたら、他のテラスハウス出演者もポジティブになれると思います。

半田さんには、毎日恋愛相談が届いていた!?



新上:さて、ここから恋愛の話に移ります。弊社では恋愛相談のサービスを運営しているのですが、半田さんは恋愛相談を受けることは多いですか? テラスハウスのイメージでは、周りの人からたくさん相談を受けている感じがします(笑)

半田:恋愛相談、たくさん来ますね(笑)。インスタグラムでいただくメッセージは恋愛相談ばかりです。男性からも女性からもいただきます。

新上:たくさん来る恋愛相談に、1件ずつ答えていたのですか!?

半田:実は、今までずっとダイレクトメッセージを返していました。もちろん返せない場合もありましたが。そうすると、相手の方が知り合いではなくても返信できてしまうので、毎回通知が来るようになってしまって。いまでは、よほど切実な相談以外は返していないです。

新上:半田さんみたいな方が恋愛の悩みを聞いてくれたら、相談者の方もきっとポジティブになれますね。恋愛相談の内容は、どのようなものが多いですか? 片思いなのか、お付き合いする中での悩みなのか。

半田:年齢的に片思いの相談はあまりないですね。別れるかどうかとか、彼が結婚を言ってくれないとか、浮気してるかどうかとか、大人が抱える類の悩みが多いですね。 なかでも、遠距離恋愛の悩みが印象に残っています。

新上:遠距離恋愛は統計的には成就しない確率が高いので、諦めたほうがいいですよと私は言ってしまいがちなのですが……
半田:うーん、これには明確な答えがありませんね。僕個人の経験としては、付き合うと思います。さばさばして割り切れることもなく、付き合うと長いタイプなんで。 でも、周りの人に対しては「恋愛は長続きしないこともあるから、どんどん入れ替えていけ」とも思います。完全に言行不一致です(笑)。

⇒後編につづく